スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供は奇跡の存在1

子供との日常のなかで
イライラすることがあったら

「ま、いっか♪」と口に出していってみてください。

肩の力がすっとぬけて
「くすっ」って笑っている
自分になっているかもしれませんよ。

でも、
子供に対して頻繁にイライラっとしたり
感情的になってしまうことが続いてしまう時には
私は他に思い出すようにしていることが1つあります。

これを思い出すと、数秒で
子供に感謝することができ
すべてを包み込むことができます。

それは、「子供は奇跡の存在」ということです。

子供は奇跡の存在。。。

今回は、私が心の奥から
そう思うようになった、体験について
お話していきたいと思います。

結婚して、2年たち、そろそろ子供がほしいなと
思いはじめた私達。もともと自分は子供ができにくい体質という
ことがわかっていたので、婦人科に通い、そこの先生の指示のもと、
色々な治療を試みてみましたが、なかなか妊娠しませんでした。

そうこうしているうち、子宮頸がんのテストにひっかかり、
その手術を数回行わなければならないことになり、
妊娠を試みることもできない時期が
1年間くらい続きました。

「私の周りの友達はみんなどんどん妊娠して子供を出産していくのに
 なぜ、私は、妊娠を試みる機会さえも与えられないのだろう。。。」と
毎日、泣いていたときもありました。

そんな悲しい時期を3年間くらい過ごし、
もう子供はできないのかなーと思っていたところ
なんと双子を妊娠することができました。

妊娠が判明したときは
天に舞い上がるくらいうれしかったです。

しかし、幸せな妊婦期間もつかの間、
妊娠4ヶ月のときに、
子宮頚管が短くなってきている
ということが検査で発覚し、緊急入院をし
病院で時間を過ごすことになりました。

最初は、ベッドの上で少し安静にしていれば
すぐ退院できるのかなと軽く思っていたのですが
症状は悪化していき、ベッドの上で頭をさげ足を上げるような
格好で24時間過ごさないといけない絶対安静の状況になりました。
そんな努力も実らず、なんと23週目で破水してしまいました。

お医者さんは「破水した状況からみて
たぶん3日以内には陣痛がおこり、赤ちゃん達を
とりださなくてはいけないでしょう。でも命が助かる可能性は低く
生き延びたとしても、何らかの障害が伴う可能性が高いでしょう」と
破水したショックで全身が硬直していた私に、
さらに全身を凍らせるようなことを
深刻そうな顔で告知してきました。

その日から私は一睡もとることができず、
足を上にあげ、赤ちゃんがでてこないように
ベッドの上でお地蔵さんのように
じっとすることしかできませんでした。

宇宙の底に落とされたような時間は、
1日そして1日と過ぎていき、
お医者さんが心配していた3日以内の陣痛はおきぬまま、
その後、たくさんの薬の服用
そしてベッドの上での逆さづりの状態を続けながら
1秒1秒、1日1日を祈りながら過ごしました。

そして最初の破水から7週間たった妊娠30週と2日の夜。
2回目の破水がおこり、今度は激しい陣痛がはじまりました。

お医者さん達に、
最悪の事態を免れた奇跡の赤ちゃんと呼ばれていた二人は
緊急帝王切開にてこの世に誕生しました。

次号につづきます。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

吉田綾香

--------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

→ infoconnection777@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

infoconnection

Author:infoconnection
FC2ブログへようこそ!

1日10分!子供の個性と能力を最大限に引き出す方法(無料ビデオ申し込み)
E-Mail ※
何でも相談コーナー
今一番知りたいこと、困っていること、恐れていること、 怒っていること、                         その他、何でもご質問・ご相談ください。        親身になってお答えいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

無料コンテンツ一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。