スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の話を心から聴くということ1

今日は相手(子供)の話を
心から聴くということについて
お話していきたい思います。

では最初に
あなたに質問です。

あなたはどんな時に誰かに話をきいてもらいたいと思いますか?


うれしい時、
何かを成し遂げた時
悲しい時
悔しい時
いやなことがあった時
怖かった時
腹がたった時

などではないでしょうか。

自分が思っていることを
誰かと共有して
自分のことをもっと
知ってもらいたいという
欲求や

ネガティブな感情を
誰かと共有して
心を軽くしたいという欲求は

人間にとって
自然なものだからです。

しかし、自分が
誰か(子供)の話に心から
耳を傾けるということには
なかなか難しい場合があります。

●忙しい時
●疲れている時
●自分の欠点や弱いところを
 指摘されて“カッ”となってしまった時
●相手の意見が自分の意見と違う時
●何度も同じことを話してくる時

などなど、
相手の気持ちを
共有するというより
自分の耳をふさいでしまったり
相手と対立する意見をいって
逆に怒らせてしまったりするということも
あるかと思います。


私の場合も
夫や子供が話しているときに
自分の意見をもとに
話の主導権を握ってしまう
傾向があり、これではいけないな
と思うことがたびたびあります。

では
相手(子供)の話を心から聴き
相手(子供)の自分の気持ちを共有したいという
欲求をみたしてあげ、
相手(子供)と幸せな関係を築いて
いくためにはどんなことをしたら
いいのでしょうか。


この先は次号に続きます。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

今日もあなたとお子さんとの大冒険が
素敵なものになりますように。


吉田綾香

--------------------------------------------
感想または
何か具体的に聞きたい質問や
不安などがありましたら

→ infoconnection777@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

infoconnection

Author:infoconnection
FC2ブログへようこそ!

1日10分!子供の個性と能力を最大限に引き出す方法(無料ビデオ申し込み)
E-Mail ※
何でも相談コーナー
今一番知りたいこと、困っていること、恐れていること、 怒っていること、                         その他、何でもご質問・ご相談ください。        親身になってお答えいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

無料コンテンツ一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。