スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション向上法

今日は
先日参加したワークショップで
学んできた「子供とのコニュニケーション向上法」
についてお話したいと思います。


人間同士が上手にコミュニケーションを
進めるためにはどんなことが大切だと思いますか?

それは人間の顔のつくりにヒントがあります。

人間の顔には耳が2つ、口が1つありますよね。

ということは「聞く」ということは
人間にとってとても大切なことで

私たちはもっともっと「聞くこと」をし
口を使うことを少なめにしたほうが
コミュニケーションを円滑に
行なうことができるそうです。

そこで今回は
「聞く」ために必要な6つの態度というものを
ご紹介します。

①相手を受け入れること:

相手のことで気に入らないことやイライラすることがあっても
相手を受け入れられる自分になれることを信じて
じっくり相手の話を聞くことに挑戦し、
その結果をみてみる。

②相手に心から興味をもつこと:

人間というものは生まれつき
自分のことだけに興味をもつ傾向があります。

そのため相手のことを知りたいと
思っている気持ちが
相手に確実に伝わっているかどうか
自分の態度を確認するようにします。


③自分の言葉で繰り返すこと:

相手のいったことを
自分のことばで繰り返して
自分が本当に相手の話を
聞いているのかどうか確認します。


④相手の表情を見ること:
 
コミュニケーションの70%は
ことば以外の方法でなされます。
相手のいうことに注意すると同時に
ことばに表れていないことにも
注意を払います。


⑤相手の話を真剣に聞くこと:

片手間に話を聞いたり、
聞いているふりをすることをせず
相手の話に自分の気持ちを集中させて
聞きます。


⑥口を挟むことをひかえること:
  
次から次へと
質問を浴びせたり
相手の話が終わらないのに
話題を変えたりすることが
ないようにします。

コミュニケーションを円滑にする
これらの6つの態度は
子供からパートナーそして友人にいたるまで
誰に対しても使えるものですので、
   
これをもう少ししたらいいかなと
いうものがあれば
ぜひ実践してみてくださいね。

私の場合
子供に対しては③の「自分の言葉で繰り返すこと」
夫に対しては⑥の「口を挟むことをひかえること」を
もっとしていこうと思っています。
   
自分の態度を変えたら
相手にどのような変化があるのかということにも
意識をおきながら毎日のコミュニケーションを
楽しんでみましょう。

それでは
最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたとお子さんとの大冒険が
ますます素敵なものになりますように。

 
吉田綾香

--------------------------------------------
感想または
何か具体的に聞きたい質問や
不安などがありましたら

→ infoconnection777@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。



スポンサーサイト

「だめ、いけません!」のかわりに

私の二人の息子は現在3歳半で
色々いたずらをしたり
おもちゃのとりあいで
大声でどなりあったり
ものを投げあったりと
「こらー」とこちらも
いいたくなることが
毎日おこっています。 ^ ^“

「だめ!」「いけません!」と
むやみやたらに使っても効果が
ないとはわかっていても
ついつい使ってしまうこともあります。

でも
「だめ!」「いけません!」と叱るかわりに
「こんなことをするのはやめよう。」と
子供が自分から思えるような
お話(ペダゴジカル・ストーリー)をしてあげる手法に出会い
毎日の子供との生活の中で実践中です。

今日はそんな二人の息子達の
心に響いたペダゴジカル・ストーリーの
1つをご紹介します。

___________________________

「耳のこびとさん」(大声でどなりあう子供のためのお話)

けいたくんとしょうくんは
一緒に遊ぶのが大好きです。

でもよく大きな声をだして
おもちゃのとりあいをします。

「これはぼくのだよー。」けいたくんが大きな声でいいました。
「ちがうよ、それはぼくのだよー。返してよ」しょうくんももっと大きな声でいいました。

「いやだよー。ぼくがさきに見つけたんだよ。」けいたくんは泣き始めました。
「ぼくもそれを使いたいんだよー。」しょうくんも泣き始めました。

部屋中に二人の大きな泣き声が響き渡っています。

あれ、けいたくんの耳の中から青いぼうしをかぶったこびとさんがでてきました。
しょうくんの耳の中からも赤いぼうしをかぶったこびとさんがでてきました。

このこびとさんは二人の耳の中に住んでいるこびとさんです。

二人が大きな声を出し続けるので
がまんができなくなって外にでてきたのです。

このこびとさん達はけいたくんとしょうくんの肩にすわって
話はじめました。

「けいたくんはいつも自分の思い通りにならないことが
あると大声をだすので、うるさくて頭がいたくなるよ。」

「しょうくんも、欲しい物があると
手にはいるまで泣き続けるので、
私も耳と頭がいたくなって困るよ。
もっと静かな子供の耳の中にいこうか。」

「うん、そうしよう、そうしよう。」

二人のこびとさん達はこう話しながら
けいたくんとしょうくんの耳の中から
でていってしまいました。

ですからかわいそうに
けいたくんとしょうたくんは
おかあさんやおとうさんの話し声や
美しい音、たのしいお話が
聞こえなくなってしまいました。

なぜって?

このこびとさんは
二人の耳がいつもよく聞こえるように
そうじをしてくれていたこびとさんだったからです。

二人が大きな声で
どならなくなったらもどってきてくれるのでしょうか。。。。
_________________________

このお話をしてからというもの

二人が大きな声でどなりはじめた時に
「こびとさんが逃げていっちゃうよ」といったら
二人の息子達は
あわてて耳を両手で押さえて静かになります。^_^

お話の力はすごいですね。

また
子供はもともとお話が大好きなので
子供との絆を深めその個性と才能を
引き出していく上でも色々なお話を
たくさんしてあげることはたいへん効果的です。

毎日絵本1冊でも
3分の作り話でも
子供が夢中になって
お話をきける
時間をつくっていったら

それは子供にとっても
あなたにとっても
一生の宝物となっていくことでしょう。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたとお子さんとの大冒険が
ますます素敵なものになりますように。


吉田綾香

--------------------------------------------
感想または
何か具体的に聞きたい質問や
不安などがありましたら

→ infoconnection777@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。

気持ちの実況中継

今日は
最近、私の息子達に
意識的に行っている
「気持ちの実況中継」というものについて
お話したいと思います。

これは子供が
泣いている時
怒っている時
すねている時
いたずらをしようとしている時
話すことがうまくできない時
何かをがまんしている時
困った行動をする時など

子供の内面の気持ちを
想像して実況中継をすることをします。

例えば、
「幼稚園に行きたくない」と
子供が泣く時には
「ママと離れるのはいやだよね。
 置いてかないでって泣きたくなっちゃうよね。」とか

転んで足をすりむい大泣きしている時
または反対にそれを
がまんしているような時には
「痛いよね。びっくりしたよね。
 それは泣きたくなっちゃうよね。」とか
「泣きたい時は泣いていいんだよ。」など

子供の本当の気持ちではないかも知れないけど
その気持ちを代弁して
それを発散させてあげると
ストレスを最小限におさえることができます。

人間は子供でも大人でも
自分の気持ちを
誰かに共感してもらったり
理解してもらえると
心の緊張がほぐれてきますよね。

何かうまくコミュニケーションがとれないな
と思うときがあったら
「気持ちの実況中継」を
一度試してみて

その効果を実感してみてくださいね。

あなたとお子さんとの大冒険が
ますます素敵なものになりますように。


吉田綾香

--------------------------------------------
感想または
何か具体的に聞きたい質問や
不安などがありましたら

→ infoconnection777@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
プロフィール

infoconnection

Author:infoconnection
FC2ブログへようこそ!

1日10分!子供の個性と能力を最大限に引き出す方法(無料ビデオ申し込み)
E-Mail ※
何でも相談コーナー
今一番知りたいこと、困っていること、恐れていること、 怒っていること、                         その他、何でもご質問・ご相談ください。        親身になってお答えいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

無料コンテンツ一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。